風水学から鏡の置き場所を考える

一般的に鏡は強い運気を持っているとされています。鏡があれば運気が上がり、鏡のない家は運気があがらず、事故やケガなどを引き起こすというものです。

鏡の持つ強い開運パワーをうまく利用すれば、そのパワーを最大限生かせるはずです。ここでは鏡の持つパワーをうまく取り入れるため、各部屋での置き場所などについて記述しておきます。

映した物の効果を倍増させる鏡

鏡には気を跳ね返したり、気を吸収したりする効果があります。そしてその効果を倍増させるパワーを持っていますが、これは正のパワー・負のパワー共にその効果が現れます。つまり、正しい置き場所を選べば正の気を吸収し、負の気を跳ね返します。しかし、置き場所を間違えると正の気を跳ね返し、逆に負の気が入り込んで思わぬ事故・事態を起こしかねません。

部屋ごとの正しい置き場で運気を上げる

玄関での鏡の正しい置き場・使い方

飾る場所は玄関の左右の壁のどちらか一方のみにします。右に置けば仕事運や名誉運を、左に置けば人間関係を良くし、金運をもたらします。大きさは無理に大きな姿見にしなくても、立ったままで上半身が映る程度で充分です。

絶対にやってはいけないこと。それは玄関を入って直ぐ正面に鏡を置くことです。運気をすべて跳ね返してしまいます。また、左と右の両壁に置くのもやめましょう。お互いの運気がぶつかり合って効果がなくなってしまいます。


ダイニングでの鏡の正しい置き場・使い方

ダイニングルームでの鏡は食卓の料理や食べている姿が映るような位置に設置してください。ただし、台所と続きになっている間取りの場合はコンロなどが移りこまないような場所にします。



洗面台での鏡の正しい置き場・使い方

ここに鏡を置くのはとても良く、美容運を吸引できます。特に観葉植物やきれいな花などを鏡の前において映りこませると映る人の美しさもアップしてくれます。このとき注意することは、花や植物が何時も生き生きしているように。それと鏡面が汚れている場合はきれいに拭いてピカピカにしておくように。そうしないと運気が逃げてしまいます。



寝室には鏡を置かない?

寝室には鏡は置かないほうがいいです。自分の寝姿やベッドなどが映ると気を吸い取られ、体調不良を起こします。また、夫婦のベッドならお互いの感情がちぐはぐになって離婚の危機が来るといわれています。やむなく置く場合はベッドが見えない位置にし、普段は覆いをしておきます。


鏡でやってはいけないこと

次に上げることはNGです。運気を逃し、邪気を引き込んでしまいます。

  • 玄関の扉の正面に設置
  • 寝室に鏡を置く
  • 台所が映る鏡の設置
  • トイレやゴミ箱などが移りこむ場所に置く
  • 合わせ鏡をする(三面鏡はNG)
  • 割れた鏡や汚れた鏡

ざ~っとですが基本的な風水の考え方を書きました。それぞれの生活環境の中でどう取り入れるかを考え、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。